2022.05.20

ロコ・ソラーレ吉田夕梨花が振り返る北京五輪決勝戦。「イギリス代表のほうが勝つ準備ができていた」

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

ロコ・ソラーレ連続インタビュー
第1回:吉田夕梨花

第39回 全農 日本カーリング選手権(アドヴィックス常呂カーリングホール)が5月22日から始まる。その注目の大会を前にして、北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレの面々に話を聞いた――。

北京五輪では圧巻のプレーを披露したリードの吉田夕梨花北京五輪では圧巻のプレーを披露したリードの吉田夕梨花 この記事に関連する写真を見る ――改めまして、北京五輪での銀メダル獲得、おめでとうございます。

「ありがとうございます」

――北京の滞在中はいかがお過ごしでしたか。

「めっちゃ楽しかったです。日本のチーム、選手が出場する競技はほぼテレビで観戦していました。序盤は高梨沙羅選手が出ていたスキージャンプをみんなで応援しましたし、中盤はスピードスケートの会場にも行って生観戦することができました。試合の合間には、ビンドゥンドゥン(大会公式マスコット)グッズを探しにショップに行ったりして」

――お目当てのグッズは購入できましたか。

「最終的には買えたんですけど、カーリング絡みのビンドゥンドゥンは人気らしく、いつも品薄で、こまめにショップに通ってチェックしていました(笑)」

――チームとしても2度目の五輪ということで、リラックスして大会に臨めたのでしょうか。

「そうかもしれません。そのまんまなんですけど、『2回目の五輪って、こんな感じなんだな』『2回(五輪に)出ている選手って、こんな気持ちなのか』と実感できたというか、気持ち的には余裕を持てていた気がします」

――見ている側としては、一度目の2018年平昌五輪でも大会を楽しんでいるように見えました。余裕がないようには見えませんでしたが。

「平昌五輪では試合をすることでいっぱいいっぱいで、本当に無我夢中でした。記憶としては、途中で(鈴木)夕湖さんと選手村の近所のカフェで抹茶ラテを飲んだことや、チームで焼肉を食べに行ったくらいが残っているだけで、選手村でどう過ごしていたかとか、あまり細かくは覚えてないんですよね。