2022.05.16

「車中泊」向けクルマ選びの極意を専門家が指南。1〜4名まで、就寝人員別おすすめ5車種を発表!

  • 辻 歌●取材・文 text by Tsuji Uta
  • 稲垣朝則●写真 photo by Inagaki Tomonori

車中泊のプロがおすすめ!
#3「クルマ選び編」

#1「アイテム編」を読む  #2「スポット編」を読む

キャンプとも宿に泊まるのとも違う旅スタイルの選択肢のひとつとして、今人気を高めているのが車中泊だ。移動手段であり、宿泊手段にもなるクルマを充実させることで、旅の可能性がぐんと広がっていく。そこで、車中泊歴約20年、クルマ旅専門家の稲垣朝則さんに、車中泊にぴったりなクルマ選びの極意とおすすめ車種5選を聞いた。

遊びの幅が広がる車中泊。プロおすすめの車種は?遊びの幅が広がる車中泊。プロおすすめの車種は? この記事に関連する写真を見る ──そもそも車中泊のよさはどういうところにあるのですか?


稲垣朝則(以下、稲垣) 旅やアウトドアを効率よく楽しめるのが、車中泊です。なにかと忙しい現役世代が、週末や連休といった休みの日をフルに楽しめるスタイルだと思います。

 必要な道具をクルマに詰め込んで、休日前夜に自宅を出発して、夜のうちに日中の渋滞エリアを抜けて、車中泊をし、翌朝早くから行動する。そうすることで、遠出や長旅がしやすくなるわけです。

──時間の有効活用ですね。

稲垣
 フィールドの近くに泊まれることで、釣りやスキー、登山などを楽しむ時間をたっぷり取れます。遊びたい場所の近くに宿がなくても泊まれるのがいいところですね。

──翌日を元気に過ごすためにも車内の快適さが重要ですね。車中泊のクルマに求められる条件を教えてください。

稲垣
 「走る」「寝る」の両方できるのが大前提。さらに、外に出して食事を楽しむためのテーブルやイス、遊ぶための道具を積載するための「収納力」も必要です。

「走る」「寝る」の両方を共存させるのは実はとても難しいこと。走っている間の乗り心地がいいシートは、体をホールドしてくれる凹凸があります。逆に、寝る時は、真っ平になるものがいい。ここに矛盾があるんですよ。乗り心地のいいクルマは、寝心地が悪いっていう......。

──寝心地がイマイチにならないためには、どうしたらいいのでしょう?

稲垣
 座席部分が、フルフラットになるクルマを選ぶことです。そういう視点で、おすすめの5車種をセレクトしました。

 共通しているのは、その車種に対応した車中泊向けの補助パーツがいろいろ販売されている点です。自分で試行錯誤しなくてもOKで、簡単に取り付けできて、しかも安全基準もクリアしているのがポイントですね。

──今の愛車を、車中泊仕様に改造することはできる?

稲垣
 僕は、おすすめしません。そもそもクルマの改造には厳しい規制があって、たとえば、3列シートの3列目を外してフラットにするといった変更は、法律的に至難の業です。車中泊をしたいなら、最初から条件にマッチするクルマを選ぶのがいいと思います。

──「収納力」は、どのように確保すればいいですか?

稲垣 キャンプのように荷物を外に出してから寝るわけではないので、荷物を積みながら寝られるスペースの確保が必要です。以下の3つを意識してクルマを選ぶと、収納力がアップします。

(1)ルーフや後部にキャリアを取り付けられる仕様 

(2)デッドスペースの少ない、四角いフォルム 

(3)上部・下部の空間を使って収納できる、車高が高いタイプ

 車内の空間をうまく使うアイデアとして、服をハンギングで吊るしたり、ハンモックで上部に収納したりするのもおすすめです。