2022.04.05

渋野日向子はやっぱりすごい。シブコ節で振り返る今季メジャー初戦の4日間

  • text by Sportiva
  • photo by Getty Images

 アメリカに行っても、渋野日向子はやっぱりすごかった。何かやってくれそうな雰囲気を常に漂わせて、見ている者をワクワクさせてくれる。それが、大舞台となればなおさら。ふだん以上に輝きを増して、驚くようなプレーを連発し周囲を興奮させる。

 今季メジャー初戦のシェブロン選手権がそうだった。日本でもツアー本格参戦初年度に国内メジャーで初優勝を飾ったが、まるでそれを再現するかのように、米ツアーを主戦場とすることになった今季最初の大一番で随所に見せ場を作って躍動。通算10アンダー、4位タイという結果を残した。

「4日間(すべてで)いいゴルフはできなかったけど、そのうち3日間はいいスコアで上がることができた。(最終的に)上位にも食い込むことができた。昨年よりも成長できたのかな、と。それが、こうしてスコアや結果に表れると、がんばってきてよかったなと思う」

今季メジャー初戦のシェブロン選手権で4位と奮闘した渋野日向子今季メジャー初戦のシェブロン選手権で4位と奮闘した渋野日向子 この記事に関連する写真を見る  ツアーメンバーとなって、初のアメリカ本土での試合となった先週のJTBCクラシックでは最終日に「80」の大叩き。72位タイという結果に終わって、渋野は「悔しい結果になって、すごく残念」と苦渋の表情を浮かべた。今季メジャー初戦に向けても「悪いイメージしかない。昨年は予選落ち。一昨年は予選を通ったけど、ぜんぜん手に負えなかった」と控えめなコメントを並べた。

 しかし、名門ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)での開催が今年で最後という節目の一戦で、渋野はいきなり見せた。インスタートの18番で最初のバーディーを奪うと、後半2番パー5でイーグルを奪取。3アンダー、10位タイと好発進を決めた。