2022.04.27

渋野日向子、ポアナ芝に泣くも「神アプローチがあった」。米ツアーで戦う「引き出し」は増えている

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 米女子ツアーのDIOインプラントLAオープン(4月21日~24日/カリフォルニア州)では、日本の畑岡奈紗が通算15アンダーで優勝。米ツアー6勝目を挙げた。

「(最終日の)1番のバーディーはまさか入るとは思わなかった。いいスタートが切れました。(パッティングについては)カリフォルニア特有のポアナ芝のことを頭に入れて、練習からグリーンのタッチと、パターの真ん中でしっかり打つことを意識してきました。

(試合でも)今週はずっとパッティングがいいな、と思っていました。タッチも合っていたし、イメージが沸きやすかったです。

 久々の4日間トーナメントの優勝。昨年から今年にかけて、4日間を通してなかなか安定したプレーができていなかったんですけど、今週はずっと60台で回れた。それが大きかったと思います。

 今後のメジャー大会に向けても、(自らの)ピークをそこに合わせられるように持っていきたい。練習ラウンドからいい状態で回って、コースマネジメントをしっかりして回れれば、メジャーでも勝てるんじゃないかと思っているので、その準備をきちんとしていきたい」

 一方、1週前のロッテ選手権(4月13日~16日/ハワイ州)で2位と奮闘した渋野日向子は通算6オーバー、63位タイに終わった。

DIOインプラントLAオープンでは63位タイに終わった渋野日向子。photo by Kyodo NewsDIOインプラントLAオープンでは63位タイに終わった渋野日向子。photo by Kyodo News この記事に関連する写真を見る 「今日(最終日)も出だしからチャンスにつけられたんですけれど、なかなかグリーンが読みきれない1週間でした。今日も(パットは)ショートが多かった。ぜんぜん(カップを)かすりもせん、というのが多かった。もう合わないところは合わない、と開き直っていました」