2022.03.26

【木村和久連載】都心の一等地にある唯一の大型ゴルフ練習場。神宮外苑の再開を受けて…

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第12回

 先日、散歩がてらに国立競技場界隈を歩いていたら、明治神宮外苑のゴルフ練習場が再開していることを知りました。東京オリンピック開催の関係で、しばらく休業していたんですよね。

 それで早速、覗いてみました。その日は土曜日で西練習場の4階建て部分(グランド、1~2階。※3階はスクール使用)の打席は8割方埋まっていて、低い階の打席はウェイティングがかかっていました。100打席近くあるのにこれほどの人気って、やはりゴルフブーム再然なのでしょう。

 グルッと打席を見渡してみると、やたら若い人が多いのには驚きました。カップルもいれば、何人かのグループで来ている人たちも。加えて、ショップが新しくなって、お洒落ブティック化しているし......。なんか30年前のゴルフバブルを彷彿とさせられます。

 今から30数年前、私の事務所が千駄ヶ谷にあって、神宮外苑は庭みたいな存在でした。ゴルフ練習場も歩いていけるので、時々仕事の合間にも練習に行っていました。

 昨年の11月まで東京オリンピックの資材置き場などとして使われ、一時休業していた神宮外苑のゴルフ練習場。当初、同施設は神宮外苑再開発計画に組み込まれていて、将来的にはなくなる予定でした。

 ところが、神宮外苑再開発計画は、1000本弱の樹木を伐採するということで、各方面から反対意見が続出し、現在再検討中になっています。都の審議会は計画案を賛成多数で承認しましたが、今後どうなるかはまだわかりません。

 ただ、再開発計画がそのまま進めば、基本プランでは神宮球場はリニューアルされますが、ゴルフ練習場として利用されている第二球場はなくなる方向となっています。

 神宮外苑ゴルフ練習場は常設の東練習場もありますが、第二球場の空き時間を使った西練習場が人気です。本物の球場にボールを打ち込む爽快感がたまりませんからね。

 その第二球場は主に大学野球の会場としてメインに使われていて、その空き時間に、ゴルフ練習場として利用されています。日によって違いますが、例えば午後4時半から西練習場の開放となると、4時頃にはまだ野球をやっていて、最終回の攻防中となれば、応援団のものすごい歓声が聞こえたりします。