【木村和久連載】都心の一等地にある唯一の大型ゴルフ練習場。神宮外苑の再開を受けて...

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 何はともあれ、神宮外苑のゴルフ練習場は経営が宗教法人ですから、取り壊しはないと思っていました。お寺が幼稚園を経営するようなものですし。

 宗教法人がスポーツや教育事業を運営する場合、法外な利用料はとらないことになっています。だから、神宮外苑のゴルフ練習場は、都心の一等地というロケーションにありながら、お値頃な料金設定になっています。それだけに、非常に助かると思っていたのですが、再開発プロジェクトが持ち上がってしまった。このままなくなってしまうのは、少し惜しい気がします。

 そんなわけで、神宮外苑にふらりと行ったその日から、なぜかゴルフ練習に熱が入り始めました。今では、いろいろな練習場で打ちまくっています。

 やはり神宮外苑は、神がかったことが起きるパワースポットなんでしょうか。

 ノーベル賞候補でもある作家の村上春樹氏は昔、千駄ヶ谷でカフェ&ジャズバーを経営していました。暇な時間は野球観戦をしていたそうです。そして1978年4月1日、ヤクルトスワローズの試合を見ていた時、唐突に「そうだ、小説を書いてみよう」と思い立ったとか。その後、そのまま大作家になったのですから、たまげたものです。

 どうです? 神宮外苑という場所には何か"力"があるのでしょうか。妙にやる気が出る場所です。あなたも行けば、神様から何かしらの啓示を受けるかもしれませんよ。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る