2015.07.19

青木功&丸山茂樹が語る、松山英樹「メジャー制覇」への条件

  • テレビ朝日 全英オープン取材班●構成 text by tv asahi The open crew
  • photo by Getty Images

“ゴルフ発祥の地”セントアンドリュース(パー72/スコットランド)で開催されている第144回全英オープン。8人の日本人選手が出場した中、決勝ラウンドに進んだのは、松山英樹(23歳)ただひとりだった。

 リンクス特有の強風が吹き荒れ、突然の雨にも見舞われた。選手たちにとっては、非常に厳しい条件だった。それでも松山は、予選ラウンドを終えて、首位と4打差の通算6アンダー、10位タイ。堂々と優勝争いに加わっている。

2日目に猛チャージを見せて、一気に優勝争いに加わってきた松山英樹。 松山の初日は、ティーショットで1度バンカーに捕まった以外は、大きなミスはなく、ショットは冴えていた。その分、何度となくバーディーチャンスを迎えていた。しかし反面、パッティングが不調だった。5m以内のバーディーパットを8回、2mのパーパットを2回外すなど、多くのチャンスを逃した。結果、前半は3アンダーとしたものの、後半は3つスコアを落として失速。トータル「72」のイーブンパーで、64位タイと出遅れてしまった。

 とはいえ、そうした状況にあっても、松山が怒りを表に出すシーンはなかった。惜しいパットを外してしまったあとも、時折笑顔を見せるなどして、冷静に次のホールへと向かっていった。そんな、これまでとは違う姿から、松山のメンタル面での成長が感じられるとともに、2日目への反撃が見込まれた。ホールアウト後、ショットの練習を行なわず、パッティングの練習に1時間を費やして、すぐに修正を行なっていたあたりからも、2日目への巻き返しが期待された。