2015.07.23

【木村和久連載】アマチュアゴルファーの新定番「89ビジョン」とは

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第13回

 この度、ゴルフのスコアで『89』を出せたら幸せ、という本を出すことになりました。今回は、その『89』という数字の意味を語っていきたいと思います。

書籍『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』を執筆。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。「89ビジョン」を語る前に、まずは本家本元の「54ビジョン」について、語っておかねばなりません。

 スウェーデンのトッププロ、アニカ・ソレンスタム選手のコーチである、ピア・ニールソン氏らが提唱しているのが、「54ビジョン」です。通常パー72のゴルフコースで、すべてのホールでバーディーを取ったら、そのスコアは『54』。これは、論理的に可能なので、プロはそこを目指してがんばろう、みたいな話です。しかし、それはちょっとレベルが高過ぎますよね。だいたい、トッププロでも『59』のスコアを出したりすれば、大ニュースになっていますから。

 プロの話は置いておいて、じゃあ、我々アマチュアが目標とすべきはどこなんだ、と。ぎりぎり80台である『89』を出せば、アマチュアゴルファー全体の最大公約数的には幸せになれるんじゃないか、と思ったわけです。

『89』は、ひとつのパーと、残り全部をボギーで回れば出せるスコアです。「簡単じゃん」という方もおられるでしょうが、「89ビジョン」のミソは、あくまで平均89.99を出せば万歳! という考え方です。

 さすれば、「オレは平均80台なんだぜ!」と自慢できます。その先には、平均70台というスコアがありますが、そこは無理なので無視しましょう。