2015.07.28

【ゴルフ】前半戦とは「違う」堀琴音。大型新人がついに爆発の予感

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 昨夏プロテストに合格し、今季開幕から「大型新人」として注目を集めてきた堀琴音(19歳)。シーズンを半分終えて、プロ初勝利への足がかりをようやくつかみつつあるようだ。

ツアー後半戦の活躍が期待される堀琴音。 堀と言えば、まだアマチュアだった昨季前半戦の活躍が記憶に新しい。KKT杯バンテリンレディス(2014年4月18日~20日/熊本県)を制した勝みなみ(17歳)をはじめ、ツアーで”アマチュア旋風”が吹き荒れる中、堀もそのひとりとして躍動。サイバーエージェントレディス(2014年5月2日~4日/千葉県)で4位タイという結果を残すと、中京テレビ・ブリヂストンレディス(2014年5月23日~25日/愛知県)、リゾートトラストレディス(2014年5月30日~6月1日/兵庫県)でベスト10フィニッシュ(ともに8位タイ)するなど、何度となく上位争いに絡んできた。

 他にも、下部ツアーとなるステップ・アップ・ツアーのABCレディース(2014年7月2日~3日/兵庫県)では、レギュラーツアー入りを目指すプロたちを抑えて優勝。将来を嘱望される存在として、大いに脚光を浴びた。

 プロテストに合格したあとも、ステップ・アップ・ツアーの京都レディース(2014年10月22日~23日/京都府)で優勝。2015年シーズンのツアー出場をかけたファイナルQT()こそ45位と期待以上の結果は残せなかったものの、レギュラーツアーの大半は出場できる成績を残して、ツアー本格参戦となる今季に向けても熱い視線が注がれた。ツアー2勝の堀奈津佳(23歳)が姉ということもあって、その注目度は増すばかりだった。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。