2015.07.29

【木村和久連載】ゴルフ会員権の謎。今なお、一部で執着される理由

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第14回

 かつて、高額なゴルフ会員権を持っていましたけど、あれって何だったんでしょう。

 どんなメリットがあるかと思いきや、ゴルフ場でプレイできる権利だけですよ。あと、月例などの競技に参加できるとか、土日のプレイ代がメンバーフィゆえに安いとか、それぐらいですか。

 もともとは、ゴルフ会員権の値段が右肩上がりに上昇する、という幻想があったから、多少は値段が高くても良かったのです。ところが、バブル崩壊後、多くのコースが値崩れし始めます。

 そんな矢先、会員権相場が急激に下がり、いい頃合いと思って、私も南総カントリークラブ(千葉県)の会員権を1450万円で買いました。1200万円を民間のファイナンスで借りて、当時の金利が9.5%。20年返済の総額が約2400万円って、ほぼ倍じゃん!?

 南総CCは気に入っていましたが、ある年の正月、久々に顔を出してみると、なんとメンバーボードの名札が、ごそっと抜けていたのです。当時の親会社の経営危機説が流れ、みんな(会員を)辞めたのです。こっちも泣く泣く売ることに......。

 それでも、南総CCのいいところは、額面の金額をすぐに払い戻してくれたこと。つまり、額面の1000万円が戻って来たのです。しかも、大きかったのは、間一髪でセーフだったこと。なにしろその後、すぐに名義変更停止となり、払い戻しをしなくなりましたからね。

 お金が戻って来たのを幸いに、今度は鶴舞カントリー倶楽部(千葉県)に入会します。ここは(会員権を)530万円で買って、390万円で売ったかな。ちょっと損したけど、いろいろ試合にも出て、十分に楽しんだので納得ですわ。