2015.07.30

【ゴルフ】大山志保、宮里藍…全英女子で日本勢がトップを狙う

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 今季の女子メジャー第4戦となる全英リコー女子オープンが、まもなく開幕する(現地時間7月30日~8月2日)。

 舞台は、スコットランドを代表するリンクスコースのひとつ、ターンベリー(・リゾート、エイルサコース)。女子の大会は、2002年以来、2度目の開催となる。男子は、直近では2009年に行なわれている。59歳のトム・ワトソン(アメリカ)が奮闘し、あともう少しでメジャー最年長優勝という状況まで迫りながら、プレーオフでスチュワート・シンク(アメリカ)に敗れたコース、と聞けば、記憶にある人も多いのではないだろうか。

 クライド湾を臨むスコットランドの西海岸に位置する同コースは、全英オープン開催コースの中でも、最も美しい景観のコースとして知られている。が、ひとたび海からの強風が吹き荒れると、とんでもなく難しいコースに変わって、選手たちを苦しめることになる。

 今大会の設定は、全長6410ヤード(パー72)。全体の距離は長くないものの、シンボルマークの真っ白な灯台を背にしてティーショットを打つ9番ホール(412ヤード、パー4)をはじめ、10番(407ヤード、パー4)、11番(175ヤード、パー3)の3ホールは、距離もあって、風が吹けば、最大の難関になるだろう。

 そうした難コースに挑む日本勢は9名。米ツアーを主戦場とする面々は、宮里藍(30歳)、横峯さくら(29歳)、宮里美香(25歳)、野村敏京(22歳)の4人、日本からは大山志保(38歳)、吉田弓美子(28歳)、笠りつ子(27歳)、成田美寿々(22歳)、渡邉彩香(21歳)の5人が参戦する。