2015.07.16

全英オープン。打倒スピースへ、松山英樹がトライした「左打ち」

  • テレビ朝日 全英オープン取材班●構成 text by tv asahi The open crew
  • photo by Kyodo News

 第144回全英オープン(現地7月16日~19日)が開幕する。

 会場は、スコットランドのセントアンドリュース(全長7297ヤード、パー72)。2010年以来、5年ぶりの開催となる。"ゴルフ発祥の地"として知られ、すべてのゴルファーが憧れる舞台に、今年は松山英樹(23歳)、岩田寛(34歳)、小田孔明(37歳)、池田勇太(29歳)、藤田寛之(46歳)、手嶋多一(46歳)、高山忠洋(37歳)、富村真治(24歳)と、8人の日本人選手が挑む。

セントアンドリュースで精力的に練習ラウンドを消化してきた松山英樹。 なかでも、注目されるのは、やはり松山。今季も、マスターズ5位、全米オープンで18位と奮闘してきた彼に、日本人男子初のメジャー制覇の期待がかかる。

 現地7月13日(月)に決まった予選ラウンドの組み合わせでは、今年のマスターズと全米オープンの覇者で、今回メジャー大会3連勝を狙うジョーダン・スピース(21歳/アメリカ)と、全米オープンでJ・スピースと最後まで熾烈な争いを演じたダスティン・ジョンソン(31歳/アメリカ)と同組になることが発表された。当の松山は、その組み合わせについて「全米オープン1位(J・スピース)と2位(D・ジョンソン)が一緒なんだから、(もうひとりは自分ではなくて)全米オープン3位の選手を組み合わせればいいじゃないですかね」と謙遜していたが、そんなところからも、松山への注目度の高さがうかがえる。そしてそれは、日本に限らず、世界中が松山の活躍を期待している証と言えるのではないだろうか。