広島とDeNAのCSファーストステージ予想 高木豊が選手起用法やキーマンを分析

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

高木豊のセ・リーグCS展望

ファーストステージ

 10月14日から始まるクライマックスシリーズ(CS)。セ・リーグはシーズン2位の広島と3位のDeNAがファーストステージを戦い、その勝者が10月18日からのファイナルステージでリーグ覇者の阪神に挑む。

 今年のセ・リーグCSはどんな展開になるのか。かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏に、広島とDeNAによるファーストステージの展望、キーマンなどについて聞いた。

高木氏が注目する選手のひとりに挙げた、広島の坂倉将吾(左)とDeNAの林琢真高木氏が注目する選手のひとりに挙げた、広島の坂倉将吾(左)とDeNAの林琢真この記事に関連する写真を見る

【広島はピッチャー陣が不安】

――今年のペナントレースは、セ・パともに優勝チームが2位に10ゲーム以上の大差をつけました。

高木豊(以下:高木) 特にパ・リーグに関しては、優勝したオリックスだけにしか貯金がない時期もありましたよね。セ・パともにこれだけ首位との差がある状況でCSをやるのはどうなんだろうと思いますし、優勝したチームへの配慮、仕組みを考え直すべきです。興行と言えばそうかもしれませんが、どうしても違和感を抱いてしまいます。これから展望をする前にすみません(笑)。

――今年はそういった議論が起こりやすいゲーム差になりましたね。そちらも今後気になるところですが、まずはファーストステージの展望から伺います。会場は、2位・広島の本拠地マツダスタジアムとなりました。

高木 広島にとって、本拠地で試合ができるかどうかは大きな問題でした。マツダスタジアムは内野に芝があったり、ちょっと特殊ですよね。そうなると慣れている広島のほうが有利で、DeNAにとっては守りの面で少し不利になる。あくまでも、守備に限定した有利・不利ですが。

――広島のピッチャー陣をどう見ていますか? 新井貴浩監督は第1戦で床田寛樹投手を起用することを明言していて、第2戦は森下暢仁投手になると予想されています。大瀬良大地投手や九里亜蓮投手は、中継ぎで待機するとも言われていますね。

高木 大瀬良はDeNAと相性がいいのですが、ここ最近は勝てていなかった。大瀬良を第1戦の先発で使うかどうかは悩みどころだった思いますが、床田を持ってきましたね。

 広島はあまり状態がいいピッチャーがいないんです。床田は10勝してからルーズなピッチングをしている印象ですし、森下もピリッとしません。九里は必死に頑張っていると思いますが、よかったり悪かったりが続いています。

1 / 4

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る