川崎憲次郎が明かす中日FA移籍の真実。
当初はヤクルト残留かMLBの二択だった

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Sankei Visual

 妻に相談し、一人じっくり考える。結論を簡単に出せなかったのは、3本の道はどれもいいものに思えたからだ。希望と不安。夢と現実。人生には常に二律背反がついて回る。

「どの道も『いいよ』と言われるなか、こっちに行けば何があるんだろうなと。ヤクルトならわかっているから踏み出すのは簡単だけど、アメリカか名古屋かとなったとき、どっちに行こうかなと。どっちに行こうが、絶対"何か"あるんですよ。一歩踏み出せば全然なんてことないんだろうけど、踏み出すまでの勇気が必要だった」

 決断を下すまでの期限が迫ってくる。最後に背中を押されたのは、1本の電話だった。

「巨人だけには、とにかく勝ってくれ。名古屋という街は、そういうところだから」

 声の主は、星野監督だった。現役時代は打倒巨人に心血を注ぎ、歴代6位タイの35勝を記録。1987年から中日を率い、闘将として巨人相手に火花を散らしている。そんな男から、「巨人に勝ってくれ」と頼まれたのだ。

 川崎自身、ジャイアンツキラーとして名を馳せた。高卒12年で重ねた88勝のうち29勝は巨人戦で記録したものだ。セ・リーグに生きる男にとって、星野の言葉は響いた。

「星野さんは35勝で、俺は29勝。うまいこといけば、1年で追いつくかもしれない。星野さんの前で記録を抜きたかった。それがオレの夢だったんです」

 新天地での背番号は、杉下茂、権藤博、小松辰雄らエースに継承される20番に決定。年俸2億円の4年契約で合意した。

セ・リーグはDH制を導入すべきか>>

 じつは、中日は「メジャーがそれだけ出すなら、うちも出す」とさらなる高額をオファーしている。だが、川崎は固辞した。

「最初にバンと出してくれた金額がそれだったので、『それ以上はいらないです』と言いました。『気持ちが伝わりました。ありがとうございます』って」

 川崎の行為は、"男気"と表現することもできるだろう。ただし、そのひと言だけで片付けられる決断ではない。

 夢、現実、家族、誇り、挑戦心、仲間、愛着、そしてお金----。

 はたして川崎は、どのように決めたのだろうか。

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る