2020.12.15

中日移籍後0勝で開幕投手に。
川崎憲次郎「かすかな希望を抱いていた」

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Sankei Visual

【短期連載】FAは誰を幸せにするのか?(4)

前回の記事はこちら>>

「星野(仙一)監督が望まれるとおり、ジャイアンツキラーとしてナゴヤドームのマウンドに立ちはだかりたい」

 2000年オフ、そう言ってヤクルトから中日にフリーエージェント(FA)宣言して移籍した川崎憲次郎だが、本拠地のマウンドに立つまで4年を要した。2001年シーズンが開幕する16日前、3月14日のオープン戦で右肩を痛め、長期離脱を強いられたからだ。

 苦悩の日々が、あれほど長く続くとは夢にも思わなかった。

中日移籍4年目、落合博満監督(写真右)から開幕投手に指名された川崎憲次郎 下半身から生み出したパワーを上半身に伝え、右腕を思い切り振って指先からボールに込めた力を放出しようとすると、肩にギーンと激痛が走る。投球した次の日までズキズキする痛みが残り、Tシャツを腕でめくって脱ぐ動作は今もできないほどだ。

「ヒジも痛いけど、我慢できるんですよ。肩の痛みはハンパないです。1回腕を振るたびに、深呼吸しないと無理。腕をスポンと抜いたような感じ」

 1年目は二軍で1試合登板に終わった。チームは5位に沈み、星野監督は責任をとって辞任した。

 2年目以降もファームでの日々が続き、2002年はウエスタンリーグで3試合、翌年は同13試合に投げたが、ナゴヤドームのマウンドに立つことはできなかった。

 年俸2億円の4年契約を結び、エース級の活躍を期待された男が故障を抱えたまま二軍にいる。ファームのナゴヤ球場では、ドラゴンズファンから厳しい声を浴びせられた。

「俺は野球をやりたくなくて試合に出ていないわけじゃなく、ケガしているからやりたくてもできなかった。だけど、高いお金をもらって移籍してきているから、1試合も投げなかったら周囲はやんややんや言う。それは仕方ない。プロとして仕事をしていないわけですから。でも、3、4年も言われ続けると、さすがにへこみますよ」

 ヤクルト時代の4年目、21歳の頃に右ヒジを痛めて1度も登板できなかったことがある。だが、満足に投げられない日々が3年も続くのは初めてだった。