川崎憲次郎が明かす中日FA移籍の真実。
当初はヤクルト残留かMLBの二択だった

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Sankei Visual

「基本的に野球選手をやっているときは、一人の人間ではなく"川崎憲次郎"という商品です。それを誰がどれだけの金額で欲しいか。そのときに自分の価値がどれくらい高まるか、という話です。

 選手の価値は年俸でしか評価されないので、絶対必要です。だけど、『あいつはカネ、カネ言っている』と言われやすいので、それは困りますよね。もちろん、お金はあればあるだけいい。でも、それだけではないです。お金以外のことのほうが、選手はたぶんデカい。選手としてのランクですよね」

 フリーエージェントになった選手が市場に出たとき、価値を決めるのは手を挙げた球団たちだ。そもそもなぜ欲しいのか。その意思表示として、どんな値付けをし、条件を提示するのか。

 ヤクルトに「気」を感じず、中日やレッドソックスからそれが伝わってきたことで、川崎の気持ちは大きく動いた。選手としての価値を認められたからだ。

 中日はレッドソックスと同じ年俸を出すと言ったが、川崎は固辞した。最大限に評価されていると感じられたから、最初の提示額で十分だった。

 名古屋に行けば、自分と家族の幸せを最大限に追求できる----。

 そうして踏み出した先には、予想だにしない4年間が待っていた。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る