ヤクルト優勝秘話。最下位チームを支えた「裏方たちの献身力」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuchi

 そう語る杉村コーチも、早出練習には欠かさず姿を見せ、山田、川端、畠山らにトスを上げ続けた。

「1日に300球ぐらいトスを上げて、それが143試合だから何球上げたのかな(笑)」

 今シーズンのヤクルトには「勝つことの素晴らしさ」と「チームスポーツの素晴らしさ」を教えてもらった。ただ、日本シリーズに敗れ、ソフトバンクの工藤公康監督の胴上げを目にして、ベンチの中から力の抜けたような表情を浮かべる選手やコーチ、裏方たちを見ると、「負けたら悔しさしか残らない」ということも教えられた。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る