ヤクルト優勝秘話。最下位チームを支えた「裏方たちの献身力」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuchi

 そしてトニーは、シリーズ終了後、念願だったメジャーへポスティングによる移籍を目指すことを表明した。江花ブルペン捕手にとっては、日本シリーズ第5戦が、トニーのボールを受ける最後の機会となってしまった。

 今シーズンのヤクルトを見ていると、「チームがひとつになっているな」と何度も感じた。選手の早出練習に付き合うコーチや裏方たちを見て、特に強く思ったものだった。選手の練習パートナーはだいたい決まっていて、畠山和洋には村田正幸用具担当がボールを投げていた。

「今年は用具担当ですけど、去年まではバッティングピッチャーをしていたのでね。時間さえあれば、ユニフォームは着ていないけど、喜んでお手伝いしますよ。畠山には『投げてほしい』と頼まれてね。選手が気持ちよくゲームに入れるようにするのが僕たちの仕事ですから。やっぱり、『ありがとうございます』って言ってもらえると、やった甲斐があったなと思いますね」

 乱橋幸仁バッティング投手は、早出練習と試合前の全体練習でも投げるのだから、1日に相当な数のボールを投げることになる。

「早出練習はどのチームでもやっていて、それがどれだけ効果的なのかわかりませんが、うちの選手は間違いなく結果となって表れていると思います。(川端)慎吾は緩いボールを打つショートゲーム、山田(哲人)はチーフ打撃コーチの杉村(繁)さんとのティーバッティングでそれを実現している」

4 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る