2022.04.15

ケンコバが振り返るプロレス名勝負。新日本の「虎ハンター」が「一般の空手家」に敗れた異種格闘技戦

  • 松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji
  • 山内猛●撮影 photo by Yamauchi Takeshi

ケンドーコバヤシ
令和に語り継ぎたいプロレス名勝負(1)前編


 芸名の由来は、悪役レスラーとして一時代を築いたケンドー・ナガサキ。子供の頃からあらゆる団体の試合を見続け、各メディアで"プロレス愛"を披露してきたケンドーコバヤシさんが、独自の目線で名勝負を語り尽くす連載がスタート!

 その1試合目に選んだのは、ほんの些細なきっかけからファンを熱狂させた"異種格闘技戦"だった。

小林邦昭(左)に殴りかかる齋藤彰俊小林邦昭(左)に殴りかかる齋藤彰俊 この記事に関連する写真を見る ***

――ケンコバさんが令和に残したい名勝負。記念すべき1試合目を教えてください。
 
「大阪の実家に、プロレスの試合を録画したVHSのビデオテープが何本も置いてあるんです。ウチにビデオデッキが設置された1985年、俺が中1の時から、新日本や全日本などすべての放送を3倍速で録画していました。『見られなくなる前に、DVDなりブルーレイなりに焼かなアカンな』と思っている試合は多いんですが、あれだけは絶対に焼いておかないとっていうのは......」

――ズバリ、どの試合ですか?

「1992年1月30日の小林邦昭vs齋藤彰俊です」

――大田区体育館で行なわれた一戦ですね!

「新日本プロレスと誠心会館(空手)の、全面抗争の幕開けとなった試合です。この試合の何がいいって、2人が入場曲なしで入ってきたこと。しかも『第何試合』という扱いじゃなく、全試合が終了して『今日の大会はここまで』となったあとに、『もう1試合だけやります』みたいにアナウンスされたんです。

 それで静かに両陣営が入ってきて"果たし合い"みたいな雰囲気になった。これは、仮に演出やったとしても凄い演出やと思うんです。だから、俺はいまだに実家へ帰るたびに『あのVHSどこかな?』ってゴソゴソ探すくらい、後世に残したい試合なんですよ」

――その試合が入ったVHSは見つけられていないんですね(笑)。確かにその一戦はすさまじい試合でしたが、抗争が始まったきっかけはすごく些細な出来事でした。

「そうなんですよね。試合の前年の12月、誠心会館の自主興行に小林さんが出場した時に、誠心会館の門下生が控室のドアを閉めず、それを小林さんが注意して門下生を殴った。これを『やり過ぎだ』と齋藤さんが激怒して、そこから新日本と誠心会館の抗争に火がついた。事の発端が控室のドアを閉めたか閉めんかった程度で始まるとは(笑)。ただ、これには別の説もあって......」