2022.04.08

村田諒太がゴロフキンを追い詰めるためには? 7人の米識者が有効な攻め方を分析した

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

 4月9日、さいたまスポーツアリーナで行なわれる"日本ボクシング史上最大の一戦"。WBA 世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(帝拳)とIBF同級王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)の統一戦はどんな試合になるのか。

 41勝(36KO)1敗1分という見事な戦績を誇り、過去にWBA王座を合計19度も防衛したゴロフキンは、現代を代表するスーパースターのひとり。それほどの選手の来日戦は、歴史的な戦いになることが約束されている。

 ゴロフキンが村田に勝った場合、「パウンド・フォー・パウンド最強」の称号を欲しいままにするサウル・"カネロ"・アルバレス(メキシコ)との第3戦がすでに内定している。そんな背景もあって、アメリカの時間で4月9日の早朝に行なわれる今戦は、本場での注目度も高い。

 そこで今回は、アメリカに本拠を置く7人のベテラン記者に3つの質問をぶつけ、勝負の行方を占ってみた。

ゴロフキンとのビッグマッチの行方が注目される村田ゴロフキンとのビッグマッチの行方が注目される村田 この記事に関連する写真を見る 【パネリスト】

●ジェリー・クーニー(元世界ヘビー級タイトル挑戦者。元祖"ホワイトホープ"と呼ばれて1970-80年代に一世を風靡し、ラリー・ホームズ、マイケル・スピンクス【ともにアメリカ】に挑戦した)

●ジェイク・ドノバン(『Boxingscene.com』のシニアライター。全米ボクシング記者協会(BWAA)でもエグゼクティブを務める)

●スティーブ・キム(元『ESPN.com』のメインライター。韓国系アメリカ人。業界内に幅広い人脈を持つ)

●マルコス・ビレガス(『Fight Hub TV』の創始者で、インタビュアー。『FOX』のボクシング中継では、昨年まで非公式ジャッジを務めた)

●ライアン・オハラ(『リングマガジン』のライター。コロラド州在住。丁寧な取材に裏打ちされた流麗な記事を執筆する)

●ショーン・ナム(『Boxingscene.com』の通信員として活躍する韓国系アメリカ人ライター。精力的な取材で構築したネットワークによるインサイダー情報に定評がある)

●ノーム・フラーエンハイム(アリゾナ州在住のスポーツライター。『アリゾナ・レパブリック』紙、『LAタイムズ』などで記事、コラムを執筆)