2018.01.20

日本バスケを五輪へ。馬場雄大は
少年ジャンプの主人公のように頷いた

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

 いつの時代も、ヒーローは突然現れる――。

 馬場雄大(ばば・ゆうだい/アルバルク東京/SF)、22歳。このルーキーに、バスケファンは大きな期待を寄せずにいられない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

今季からアルバルク東京でプレーする馬場雄大 残念ながらケガのために出場は叶わなかったものの、オールスターファン投票では1万1927票で人気選手の田臥勇太(栃木ブレックス/PG)や富樫勇樹(千葉ジェッツ/PG)を押しのけ、堂々の最多投票獲得となった。

「中間発表直後、富樫から『お前、やっちまったぞ。1位だぞ! ルーキーで田臥さん超えかよ!』って連絡がありました」

 ただ、1位に選出されたことに驚きはしたものの、「ファンの期待の大きさをプレッシャーだと感じることはない」と冷静だ。

「ありがたいです。もちろん、もっと成長しなければいけないのは、自分が一番わかってます。投票結果は、期待値込みの結果だと。なので、プレッシャーに感じることも、何かを思うということも、特にはないです。常にコートに立ったら、やるべきことをやるってスタンスでいるんで」