2018.01.04

打倒ウォリアーズの実現へ。
ロケッツに不可欠な「ハーデンの相棒」

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

「『どうすればゴールデンステート・ウォリアーズに勝てるか』に執着している。去年のプレーオフではサンアントニオ・スパーズに敗れたわけだから、もちろんスパーズのことも気にしてはいる。その一方で、私たちが王座に辿り着きたいなら、ウォリアーズを倒さなければいけない。オフの補強策はそのことを念頭においてのものだった」

 2017年12月18日、ヒューストン・ロケッツのダリル・モレイGMは、ESPNラジオの番組「The Ryen Russillo Show」に出演した際にそう述べていた。強豪チームの人事担当がライバルを名指しすることは珍しいが、過去3年で2度もファイナルを制したウォリアーズの強さが、それだけとてつもないということだろう。

ロケッツのエースとしてチームをけん引するジェームズ・ハーデン ケビン・デュラント、ステファン・カリーを軸とする最強軍団・ウォリアーズを撃破することを目標に、ロケッツはチーム作りを続けてきた。オフにオールスターに9度の出場経験があるPGクリス・ポールをトレードで獲得し、新たな軸を生み出すことに成功した。

 さらに、ルーク・バー・ア・ムーテ、PJ・タッカーといった守備的な選手をチームに加えた。これらの補強のおかげもあって、昨季まで攻撃偏重だったチームは、今季のディフェンシブ・レイティングでリーグ12位(昨季は18位)と守備面でも向上している。
 
 また、エースのジェームズ・ハーデンも平均32.3得点、9.1アシスト、5.0リバウンドと絶好調。ハーデン、ポールがセンターのクリント・カペラとのピック&ロールでスペースを作り、ライアン・アンダーソン、トレバー・アリーザ、エリック・ゴードンといったシューターたちが外から射抜くスタイルが確立されてきた。