2018.01.03

低迷ウルブズをNBAプレーオフに導く
「まるでジャクソン5」な22歳

  • 宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko
  • photo by Getty Images

真っ赤な革ジャケットを着こなす22歳のカール=アンソニー・タウンズ 12月25日のクリスマスゲームにあわせて、ミネソタ・ティンバーウルブズのカール=アンソニー・タウンズ(C)は真っ赤な革のジャケットを着て、真っ赤なシューズを履き、ロサンゼルス・レイカーズの本拠地「ステイプルズ・センター」にやってきた。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 チームメイトたちからは、「オイ、まるでジャクソン5だな。お前が入ってジャクソン6か」とからかわれていたが、意に介す様子はなかった。

 タウンズは、どこか掴みどころがない選手だ。昔からサイズも才能も飛び抜けていて、真っ赤なジャケットに限らず、目立つことも嫌いではない。その一方で、チームの一員として裏方に回ることも嫌がることはない。いいのか悪いのか、試合中に存在が消えることも度々あるぐらいだ。

 笑顔でチームメイトとジョークを言い合い、ソフトな語り口で取材にも丁寧に応対するが、勝負の世界ではそんな性格のよさが裏目に出ることもある。ケンタッキー大時代にはヘッドコーチのジョン・カリパリから「いい奴だからといって、コートの上では何の役にも立たないぞ!」と怒鳴られたこともあった。