2018.02.13

期限ぎりぎりのNBA電撃トレード。
不調キャブスがギャンブルに出た!

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

NBAレギュラーシーズン前半戦トピックス5

 2017-2018シーズンの前半戦が終了し、NBAはオールスターウィークエンドに突入した。後半戦に入って佳境を迎えるその前に、前半戦の印象的なトピックスを振り返っておこう。

アイザイア・トーマス(左)とレブロン・ジェームズ(右)のコンビはわずか5ヵ月半で解消(1)キャブスが電撃トレード。ロスター総入れ替えは功を奏す?

 今季のトレード期限は現地時間2月8日。これは例年より1週間も早く、各チームとも5試合ほど消化が少ない状態で期限を迎えることになった。

 プレーオフで勝つためにどう補強するのか。あるいは来年以降を見据え、どの高額選手を放出するのか……。チームの首脳陣は例年よりも少ないデータで決断を下さなければならない。つまり、今年の冬のトレードは「ギャンブル要素が強い」と言える。

 最初に動いたのは、ロサンゼルス・クリッパーズだった。1月29日、昨夏のオフに5年総額1億7500万ドル(約196億円)という長期の契約延長を結んだブレイク・グリフィン(PF)をデトロイト・ピストンズへ放出。代わりにピストンズからトバイアス・ハリス(SF)、エイブリー・ブラッドリー(SG)らを獲得した。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 グリフィン獲得後、ピストンズは5連勝。一方のクリッパーズは昨オフにクリス・ポール(PG/ヒューストン・ロケッツ)やJ・J・デリック(SG/フィラデルフィア・76ers)を放出しているため、昨季のスターターでチームに残っているのはデアンドレ・ジョーダン(C)のみになった。

 期限ぎりぎりでいくつものトレードが決まるなか、最後に大きく動いたのがクリーブランド・キャバリアーズだった。まずはアイザイア・トーマス(PG)とチャニング・フライ(PF)、さらには2018年のドラフト1巡目指名権をロサンゼルス・レイカーズに渡し、それと引き換えにラリー・ナンス・ジュニア(PF)とジョーダン・クラークソン(PG)を獲得した。