2018.02.27

「ギリシアの怪物」アデトクンボは
NBAプレーオフでも大暴れするか

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 NBAオールスターの直前に行なわれるメディアセッションでは、出場選手たちが世界中から集まった記者の質問に答えるのが恒例になっている。

 本格的なプレーに関する質問から、「好きな色は?」「料理はできますか?」「バスケットボールを裸でプレーしたことはありますか?」といった奇抜なクエスチョンまで。ここでどれだけのメディアに取り囲まれるかは、その選手のリーグ内での立ち位置を測るバロメーターでもある。

オールスターで豪快なダンクを決めるアデトクンボ 現地時間の2月18日にロサンゼルスで行なわれた今年の”夢の球宴”で注目を集めたのは、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ:以下キャブズ)、ケビン・デュラント、ステフィン・カリー(ともにゴールデンステイト・ウォリアーズ)といったリーグを代表するトップスターたち。そして、17日に開催されたセッションでは、”売り出し中”のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)も多くのメディアに取り囲まれ続けた。

 23歳のヤングスターに対する質問は途切れることがなかった。そんな姿に、この選手に寄せられる期待の大きさを見ることができる。

 2013年にドラフト1巡目、全体15位でバックス入りを果たしたアデトクンボは、ここまで確実に成長を遂げてきた。昨シーズンは得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックのすべてでチームトップの数字をマーク。まだ4年目ながら、主要5部門でチームリーダーになったリーグ史上5人目の選手になった。

 今シーズン前半も、平均27.8得点、10.4リバウンド、4.8アシストを挙げ、バックスをイースタン6位の32勝25敗に導いてきた。前半戦を終えた時点での勝率.561は、長く低迷を続けてきたバックスにとって2000-01シーズン以来のハイペース。その躍進の立役者となってきた若武者は、早くもシーズンMVP候補に挙げられている。