2021.07.22

スーパーGTで見事な新旧対決。ホンダ絶対エースはトヨタ次世代エースの度量を称えた

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 7月17日・18日、ツインリンクもてぎでスーパーGT第4戦が開催された。ゴールデンウェーク中に行なわれた第2戦・富士以来、レースは実に2カ月半ぶり。新型コロナウイルス感染拡大によるまん延防止等重点措置の適用により、本来5月末に予定していた第3戦・鈴鹿が8月に延期となったからだ。

スーパーGT第4戦で繰り広げれた「ホンダvsトヨタ」スーパーGT第4戦で繰り広げれた「ホンダvsトヨタ」 この記事に関連する写真を見る  第4戦の大会直前に関東一帯が梅雨明けしたことにより、栃木県のもてぎは予選日から気温30度を超える真夏日。決勝スタート時は気温33度、路面温度51度と、灼熱のコンディションとなった。

 予想以上の暑さに、各チームは対応に追われて四苦八苦となる。そんな厳しい環境のなか、ホンダ、トヨタ、日産がしのぎを削るGT500クラスでは、WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋@ナンバー19)が予選から存在感のある走りを見せた。

 ポールポジションを獲ったのは、ホンダ陣営のSTANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐@ナンバー1)。しかし、19号車は予選2番手からスタートすると、前半スティント担当の国本雄資が牧野任祐の駆る1号車を抜いてトップに浮上した。

 その後、ピットストップで1号車に逆転を許してしまったが、後半スティントを務めた宮田莉朋(りとも)が快進撃を見せる。当初は5秒近く引き離されてしまうが、1周あたり1秒近いペースで急接近。ついに1号車を射程圏内にとらえた。

 GRスープラを駆る宮田は、次世代のトヨタ陣営を背負う「エース候補」として期待される21歳。GT500クラスのフル参戦2年目となる今年は、突出した速さを随所で見せている。

 第2戦・富士では並みいるライバルに競り勝って初のポールポジションを奪取し、第4戦・もてぎでも予選でトップに0.05秒差まで肉薄。また、今年から本格参戦しているスーパーフォーミュラでもデビュー戦でいきなりポールポジション争いを演じるなど、その成長ぶりにパドックでの評判も上々だ。