2021.07.30

フェルスタッペン、接触したハミルトンにチクリ。「押し出されないことを願うよ」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 激戦の2021年F1シーズンは、今週末のハンガリーGPで前半戦を終えてサマーブレイクに入る。

 このハンガロリンクでどんな成績を収め、チャンピオンシップのリードを保ったまま後半戦に入ることができるかどうか。それがレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンにとって、大きな意味を持つことになる。

現在ドライバーズランキング1位のフェルスタッペン現在ドライバーズランキング1位のフェルスタッペン この記事に関連する写真を見る  シーズン序盤戦は、レッドブルが王者メルセデスAMGに対して優位に立っていた。しかし、ポルティマオ(第3戦ポルトガルGP)やバルセロナ(第4戦スペインGP)といった総合力が問われるサーキットでは、メルセデスAMGが優位に立った。モナコ(第5戦モナコGP)とバクーの市街地サーキット(第6戦アゼルバイジャンGP)ではメルセデスAMGが苦戦し、これまでメルセデスAMGが得意だったポール・リカール(第7戦フランスGP)やシルバーストン(第10戦イギリスGP)ではほぼ互角。レッドブルが得意だったレッドブル・リンク(第8戦シュタイアーマルクGP&第9戦オーストリア)ではその差が広がった。

 サーキットによっては互角、サーキットによっては優位。シーズン中盤戦以降、レッドブル・ホンダはマシンパッケージとして互角かわずかに優位にある。

 大きく回り込むような中速コーナーが多いハンガロリンクは、もともとレッドブルが得意としてきたサーキットだ。2019年にはレッドブル・ホンダとして初めてのポールポジションも獲得している。

 ここでしっかりと勝利を収め、優位を示すことは重要だ。

 それだけではない。2022年の新規定導入に向けて予算配分するため、後半戦にはどのチームも2021年型マシンの開発は終了する。夏休み前のここハンガリーGPのマシンで最後まで戦うか、もしくは夏休み明けのベルギーGPが最後のアップグレードとなる。

 だからこそ、ここでしっかりと優位に立つことがシーズン後半戦に大きくつながるのだ。