2021.08.03

角田裕毅、自己最高位でも笑顔なし。同僚ガスリーとの差は開くばかり

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 シーズン前半戦を締めくくるハンガリーGPは、激動の2021年を象徴するようなレースになった。

 30分前に降り出した雨のせいで、レースはウエットコンディションでのスタート。濡れた路面に足をすくわれたバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)とランス・ストロール(アストンマーティン)がターン1のブレーキングで止まりきれず、5台がリタイア。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はなんとかコース上にとどまったものの、ボッタスに押し出されたランド・ノリス(マクラーレン)のマシンの直撃を受け、右側のバージボードやフロアなど空力部品の大半を失ってしまった。

フェルスタッペンはリタイアでランキング2位に後退フェルスタッペンはリタイアでランキング2位に後退 この記事に関連する写真を見る 「(左右で異なる)変なダウンフォースの失い方をしているから、ブレーキング時にも常にロックアップしてしまって、まともに走れなかった。そこからアンダーステアだったり、オーバーステアだったりで曲がっていけないし。マシンバランスが完全におかしくなってしまった。本当にドライブしづらかったよ」

 ハースのミック・シューマッハを抜くのにも苦労するほど厳しい状況ながら、フェルスタッペンは徐々にマシンのクセを掴み取ってペースを上げていった。ほぼ全車がミディアムからハードに交換する1ストップ作戦で走るなか、同じ戦略では状況を打開できないと見るやピットインしてミディアムタイヤに履き替え、ペースを上げて10位(ベッテルの規定違反で最終的には9位。以下、順位・ポイントは繰り上がり前のもの)まで這い上がってみせた。執念のポイント獲得だった。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は言う。

「見てのとおり、ミック・シューマッハのほうがマックスよりもダウンフォースが多いような状態だった。そのなかでもマックスは全身全霊でドライブし、1ポイントを持ち帰ることに成功した。この1点がシーズン末に極めて重要な意味を持つかもしれない。

 幸いなことに、メルセデスAMGは(再スタートに際して)戦略ミスを犯してくれたし、フェルナンド・アロンソもレッドブルのために戦ってくれた。ダメージは最悪の状況より少なくて済んだ」