2021.08.26

強いGT-Rが帰って来た。スーパーGT後半戦はホンダ、トヨタ、日産の三つ巴

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 8月21日・22日、鈴鹿サーキットにてスーパーGT第3戦が行なわれた。当初は5月末に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて8月下旬に延期。大会の名称としては"第3戦"だが、シーズン前半戦を締めくくるシリーズ4戦目だ。

 その大会で、日産GT-Rが7年ぶりに表彰台を独占する快挙を成し遂げた。

圧倒的な速さで鈴鹿サーキットを制した日産GT-R圧倒的な速さで鈴鹿サーキットを制した日産GT-R この記事に関連する写真を見る  今季のスーパーGTは、開幕戦から展開は「前年王者ホンダvsリベンジに燃えるトヨタ」の一騎打ち。これまでの3戦を振り返っても、ホンダとトヨタが表彰台の座を奪い合う構図となっていた。

 それに対して日産勢は、開幕戦から歯車が噛み合わずに苦戦の日々。表彰台争いに絡めないレースが続き、パドックでの日産の評価も風当たりが強いものになりつつあった。

 ただ、それでも気持ちをグッと抑え、日産勢が口にしたのは「鈴鹿で巻き返す」という言葉だった。

 というのも、日産勢にとって鈴鹿サーキットは、近年とくに相性のいいコースだからだ。昨年も日産勢は苦戦の続くシーズンのなか、鈴鹿で開催された第3戦、第6戦はともに優勝。とくに第6戦ではワンツーフィニッシュを決めるなど、ライバル陣営も警戒するほどの速さを見せていた。

 8月21日の午後に行なわれた公式予選、その日産勢に対抗したのは鈴鹿をホームグラウンドとするホンダ勢だった。ポールポジションと2位のフロントローを獲得し、5位、6位にもホンダのマシンが名を連ねた。

 しかし、日産勢も負けてない。4台すべてがQ2に進出し、3位、4位、7位、8位を獲得。ホンダを包囲するようなグリッド位置で決勝レースを迎えた。

 そして決勝が始まると、日産は逃げようとするホンダを追い詰めていく走りを披露。各車が途中のピットストップを終えた頃には、日産が驚異のペースアップでトップ4を独占し、後半戦はGT-R同士の優勝争いとなった。

 その4台のGT-Rのなかでも圧巻の走りを見せたのが、日産のエースMOTUL AUTECH GT-R(ナンバー23)を駆る松田次生だ。