2021.08.26

中野信治がF1王者争いを解説。大クラッシュのイギリスGPなどハミルトンとフェルスタッペンの力関係も語った

  • 川原田 剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo

中野信治が解説するF1 2021後半戦
前編「チャンピオン争い」

中編「角田裕毅の課題」はこちら>>

後編「ベテランたちの復活」はこちら>>


今週末(8月27〜29日)の第12戦ベルギーGPからF1 2021シーズンの後半戦がスタートする。約1カ月の夏休みのあと、ベルギー、オランダ、イタリアといきなり3連戦で再開するが、大接戦が続くメルセデスのルイス・ハミルトンとレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンによる王座争いをはじめ、見どころは多い。そこで今回、DAZN(ダゾーン)で解説を務める元F1ドライバーの中野信治さんに全3編にわたって後半戦の見どころを語ってもらった。

メルセデスと王者争いを繰り広げるレッドブル・ホンダメルセデスと王者争いを繰り広げるレッドブル・ホンダ この記事に関連する写真を見る  今シーズン、レッドブル・ホンダがよくなるだろうと開幕前から予想がついていましたので、チャンピオン争いがワンサイドゲームにはならないと思っていました。でも、メルセデスとレッドブル・ホンダがファステストラップの1点をとり合うほどの大接戦になるとは予想していませんでした。

 いい意味で裏切られましたね。レースの展開にも同じことが言えると思います。今年に入って戦い方が変わってきているように感じます。これまでは展開を見ていると、「こういう作戦を取ってくるだろうな」となんとなく予想ができましたが、今年は「そうきたか」という予想外の場面が何度もありました。

 相手の3手先、4手先を見ながらレースを戦っている印象を受け、これは人間の頭で瞬時に処理できる領域なのかなと疑問に感じていたのですが、トップチームは人工知能(AI)を戦略やセットアップ、アップデートなどに活用し始めているようなんです。いまやF1はマシンだけでなく、そのバックグラウンドでも最新技術を駆使して、高度なバトルを繰り広げているのです。

 とはいえ、コース上で戦うドライバーに対して求められるものは基本的に今も昔も変わっていません。チームが持ってきたプラン通りに戦えるかどうかという能力が問われています。その能力が優れているドライバーが今、メルセデスのルイス・ハミルトンとレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンということです。

2021シーズンの王者争いについて語った中野信治さん photo by Tatematsu Naozumi2021シーズンの王者争いについて語った中野信治さん photo by Tatematsu Naozumi この記事に関連する写真を見る