中野信治がF1王者争いを解説。大クラッシュのイギリスGPなどハミルトンとフェルスタッペンの力関係も語った

  • 川原田 剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo

 ハミルトンとフェルスタッペンの走りを見比べると、安心感があるのはハミルトンのほうです。第12戦のハンガリーGPでのフェルナンド・アロンソと超接近戦のバトルは見事でしたが、両者が接触する予感はまったくしませんでした。それは世界チャンピオンを経験しているふたりはお互いに引くことの大事さを知っているからだと思います。マシンが圧倒的に強ければ勢いでタイトル獲得まで突っ走ることができますが、接戦になればなるほど、やっぱり速さ以外の部分が大事になってきます。

 フェルスタッペンは夏休みの間に前半戦を振り返り、どういう戦い方をすればチャンピオンを獲れるかと、さまざまな角度で研究・分析していると思います。その結果、どう進化していくのか、僕は楽しみにしています。

 チャンピオン争いの行方は正直、まったく読めません。勝負のカギを握るのは、後半戦でどちらのマシンに合っているサーキットが多いかだと思いますが、今季はどんな特性のサーキットをどっちのチームが得意なのか、明確には読めない。こうだろうなという予想を何度も裏切られています。結局、どうなるかわからないからこそ面白い。今シーズンのF1はその言葉に尽きると思います。

中編につづく) 

【プロフィール】 
中野信治 なかの・しんじ 
1971年、大阪府生まれ。F1、アメリカのCARTおよびインディカー、ルマン24時間レースなどの国際舞台で長く活躍。現在は豊富な経験を活かし、SRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)副校長として若手ドライバーの育成を行なっている。また、DAZN(ダゾーン)のF1中継や2021年からスタートしたF1の新番組『WEDNESDAY F1 TIME』の解説を担当している。

◆集英社ムック
『Sportiva TOKYO 2020 オリンピック 総集編』好評発売中!

発売日:8月23日
定価:1760円(本体1600円)

【内容】

●Medal獲得数は58個!
日本人メダリストを紹介

●ニッポン野球の底力!
侍ジャパン、歓喜の金

●サッカー U-24日本代表
本気で金メダルを狙った男たち
「史上最強」ゆえの涙

●前代未聞のオリンピックが開幕するまで
険しすぎた道のり

以上のほか、必読の特集が満載。永久保存版の1冊‼

購入はこちらから

‣Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4081023336

‣セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1107224540

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る