2021.08.26

中野信治も驚いた元世界王者ふたりの活躍。今季F1でベテランはなぜ再起できたのか?

  • 川原田 剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo

中野信治が解説するF1 2021後半戦 
後編「ベテランたちの復活」

前編「チャンピオン争い」はこちら>>

後編「ベテランたちの復活」はこちら>>

今週末(8月27〜29日)の第12戦ベルギーGPからF1 2021シーズンの後半戦がスタートする。後半戦を盛り上げてくれそうな存在がベテランのセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソのふたりの元世界チャンピオンだ。34歳のベッテルはトップチームのフェラーリのシートを失い、優勝経験のない新生アストン・マーティンに移籍。40歳のアロンソもアルピーヌから3年ぶりにF1復帰を果たしたが、ふたりに対しては「すでにピークをすぎた」との声が上がっていた。ところが大方の予想に反して、元気いっぱいの走りを見せている。光を失いかけたベテランたちが復活できたのはなぜなのか。元F1ドライバーの中野信治さんに解説してもらった。

40歳でF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソ40歳でF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソ この記事に関連する写真を見る
 ベッテルは第5戦のモナコGP、続くアゼルバイジャンGPのストリートサーキットから急に勢いが出てきて、第11戦のハンガリーでは2位でフィニッシュしました。レース後に燃料の規定違反で失格となりましたが、すごくいい走りをしていました。

 F1はメンタルのスポーツなので、気分的に"いける"という自信が芽生えてくると、クルマの限界を引き出して速く走れるようになっていきます。特にベッテルはメンタルに左右されやすいドライバーなので、精神状態が如実に成績に反映されているように感じます。

 昨シーズンのベッテルはチームに対する信頼を完全に失っていて、すごくネガティブになっている印象を受けました。でもアストン・マーティンに移籍して、スタッフからエースとして頼られ、本人もチームやマシンに対する信頼を深めていくにつれて、本来の実力を発揮し始めました。

 もともとレッドブル時代に4連覇(2010〜13年)したほどの実力のある選手です。肉体的にもまだ衰えるような年齢ではないし、彼が遅いわけがないんです。でも、このスポーツは、自分自身の気持ちのバランスが崩れてくると、走りも少しずつ崩れてくる。そこを今、ベッテルはうまく修正し始めてきていると思います。

後半戦の注目ドライバーを挙げた中野信治さん photo by Tatematsu Naozumi後半戦の注目ドライバーを挙げた中野信治さん photo by Tatematsu Naozumi この記事に関連する写真を見る