2021.08.28

角田裕毅に問われている不用意なミスへの理解度。後半戦の走りへの期待

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 天王山----。夏休みが終わり、シーズン後半戦の幕開けとなる第12戦ベルギーGPは、2021年のタイトル争いの行方を占う大切な一戦になる。

 当初そう目されていた第10戦イギリスGPは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのクラッシュという最悪の幕切れとなり、続くハンガリーGPでもレッドブル・ホンダ勢は多重クラッシュに巻き込まれて、本来のレースができなかった。

前半戦は不安定な走りを露呈していた角田裕毅前半戦は不安定な走りを露呈していた角田裕毅 この記事に関連する写真を見る  予選パフォーマンスを見るかぎりでは、シルバーストンでマシンを進化させてきたメルセデスAMGがわずかにリードしたように見えた。その0.2〜0.3秒の差を、夏休みの間にレッドブル・ホンダが取り戻せたかどうか。

 すでに、どのチームも2022年型マシンにシフトした。今季型マシンの開発が終了したシーズン後半戦の趨勢を占うのは、間違いなくこのスパ・フランコルシャンでのパフォーマンスだ。

「最後の2戦(イギリスGP、ハンガリーGP)では、彼ら(メルセデスAMG)はとても速かった。今週末もそうなる可能性が高いだろう。ここは長いストレートがあって、伝統的に僕らにとってベストなサーキットではない。今年の僕らはそのギャップを間違いなく縮めているけど、トップスピードではまだトップではない。

 去年のマシンに比べればトップスピードはよくなっているけど、彼らと比べてどこまでいけるか、まだ何とも言えない。天気予報もレース週末を通してよくなさそうだし、雨が降ったりドライになったりするだろう。そのなかでどんなパフォーマンスを発揮できるかは、走ってみなければわからないね」

 フェルスタッペンは"準地元"ベルギーGPを前にそう語る。

 全長7.004kmのスパ・フランコルシャンは、セクター1とセクター3がほぼ全開区間で、高低差102.2mを下るセクター2は流れるような中高速コーナーの連続。ダウンフォースはほしいが、空気抵抗は削りたい。シルバーストンと同様か、それ以上にマシンの空力効率が問われるサーキットだ。