2021.08.31

「5m先も見えない」F1ベルギーGP。わずか3周で終了の判断は正しかったか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 それは、スパ・フランコルシャン名物のスパウェザーではなかった。

 突然降りだした雨がサーキットの一部だけを濡らし、ドライバーたちを翻弄する。それがスパウェザーだ。だから豪雨になったかと思えば、数分後には陽射しが差して、あっという間に路面が乾いたりもする。それがスパ・フランコルシャンの天候だ。

前方の視界がほとんど奪われた状態のベルギーGP前方の視界がほとんど奪われた状態のベルギーGP この記事に関連する写真を見る  しかし、今年のベルギーGPはそうではなかった。レース週末を通して断続的に雨が降り続き、日曜の午後はずっと雨が路面を濡らし続けた。

「グリップレベルが低かったのは確かだけど、それはウエットコンディションでは当然のことだ。でも、自分がどこを走っているのか、前のクルマがどこにいるのかがわからないような状態では、レースはできないよ。

 15時半(最初のフォーメーションラップ)の時点で僕はレースができると思ったけど、あの時は路面コンディションとしては悪くなかったんだ。でも、視界がとても悪かった。もし15時の時点でレースをしていれば、もう少し走れた可能性はあったと思うけど、その後も雨が降り続けて路面はどんどんウエットになってしまったからね」

 予選でポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンは、25分遅れで始まったフォーメーションラップでセーフティカーの後ろを走り、「レースはできると思う」と無線で伝えた。しかし、後続のドライバーたちはF1マシンが跳ね上げる水しぶきで前が見えず、30メートル先のテールライトも見えず、「5メートル先も見えない」という者もいた。

 ケメルストレートエンドではアクアプレーニング現象が起きており、ウエットタイヤの排水性能を超えた量の水にマシンが路面から浮き上がり、コントロールを失うような状態だった。セルジオ・ペレスはそれ以前のスターティンググリッドに向かう際に挙動を乱してバリアにクラッシュし、マシンを壊してしまっていた。

 ドライバーたちからの報告を受け、レースコントロールはスタートの順延を決め、天候の回復を待つこととなった。