2021.09.03

「すごく特異なルックス」フェルスタッペンも角田裕毅も興味津々。最終コーナーの傾斜角がすごすぎる

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 1985年以来、実に36年ぶりのF1開催。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の躍進と人気沸騰を受け、悲願のオランダGP復活がついにその瞬間を迎えようとしている。

 かつてグランプリが開催されていたザントフォールト・サーキットを、現在の驚異的な速さを誇るF1マシンに適応させるために、大がかりな改修作業が行なわれた。

 その最たるものが、15〜18度というバンク角を持つダイナミックな最終コーナーだ。インディ500で知られるインディアナポリス・モータースピードウェイのバンクが9.2度だから、その傾斜がいかに急であるかがわかる。

コーナーの傾斜を歩いて確認する角田裕毅コーナーの傾斜を歩いて確認する角田裕毅 この記事に関連する写真を見る  普段は木曜にコースを歩いて視察などしないフェルスタッペンも、さすがに今回はそれを行なった。

「みんな、あのバンクのついたコーナーには興味津々だと思う。トラックウォークをしてみてもすごく特異なルックスだし、あんなコーナーはほかのどのサーキットでも見たことがない。最終コーナーはもちろん全開だけど、ターン3はいろんなラインの取り方が考えられるね」

 ザントフォールト初体験の角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)も、木曜に歩いてみてその傾斜角に驚いたという。

「トラックウォークでワクワクしたのは初めてでした。普段はルーティーンの作業をするだけですが、ここを歩くのは先週から楽しみにしていたんです。最終コーナーやターン3のバンクはものすごかった。あそこまですごいとは想像していませんでした。今までにあんなバンク角度のコースを走ったことはないですし、実際に走るのをとても楽しみにしています」

 バンクがあるのは最終コーナーだけでなく、ターン3は内側が4.5度、外側が19度の最大傾斜を持つ。

 それ以外にもかつてのレイアウトを生かしながらアップダウンが豊かで、チャレンジングなコースレイアウトが描かれている。右へ左へ曲がりくねった中高速コーナーの連続と、起伏に富んだ路面。ところどころに現われる中低速コーナー。