2021.09.04

「初めて目撃するシーンが何度もあった」F1フォトグラファーふたりが「今季レースが一番面白い」と断言

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi

F1 2021フォトグラファー対談
前編「最終年ホンダと角田裕毅」

スポルティーバで恒例となったF1フォトグラファー対談。今回も、約30年間F1を撮影し続けている熱田護氏と桜井淳雄氏を招いて2021年のレースについて語り合ってもらった。コロナ禍での取材は苦労の連続と言うが、ふたりは「これまで取材してきたなかで一番面白い」と口をそろえる。メルセデスとレッドブル・ホンダのタイトル争いがヒートアップするなか、今シーズンのサーキットではどんなドラマが起きているのだろう。前編では、ラストイヤーのホンダや日本人ドライバーの角田裕毅選手の話題を中心に語らう。

開幕戦バーレーンGPで角田裕毅選手がドライブするマシン(撮影・桜井淳雄)開幕戦バーレーンGPで角田裕毅選手がドライブするマシン(撮影・桜井淳雄) この記事に関連する写真を見る
ーー今シーズン、おふたりはどんな形で取材に臨んでいるのですか?

熱田 僕はフランスとスペインの間にあるアンドラ公国をベースにして、開幕戦から前半戦の全レースを取材しています。アンドラはヨーロッパ各国にアクセスしやすく、自転車やオートバイのプロ選手がたくさん住んでいます。きれいで安全で、景色も美しいと言われています。でも僕はコロナに感染しないようにホテルにずっと滞在していたので、そんな景色は見てないですけど。

桜井 僕も熱田さんのようにヨーロッパを拠点にして取材をすることを考えましたが、コロナや家庭の事情などを考慮し、これまでどおりに日本から取材活動をすることを決めました。前半戦で取材したのは開幕戦のバーレーン、スペイン、アゼルバイジャン、ハンガリーの4戦です。本当はもっと行く予定でしたが、日本からの取材はなかなかハードルが高くて......。書類の不備で予定していた飛行機に乗れなくなったりして、フランスとオーストリアのレースは断念せざるを得なかったです。

熱田 アンドラからでもやっぱり取材は大変でしたよ。F1の主催者に提出する書類の作成作業はもちろん、感染の不安を感じながらの海外生活は事前に想像していたよりも何倍もキツかった。さらにスケジュールが何度か変更され、そのつど、エアチケットやホテルを取りなおし、開催国の隔離の状況を確認して、書類を準備して......。時間とお金がバタバタと飛んでいく。苦労話をしはじめたら、もう3〜4時間でも話せますよ(笑)。

F1を撮影し続けるフォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(撮影・五十嵐和博)F1を撮影し続けるフォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(撮影・五十嵐和博) この記事に関連する写真を見る