2021.09.04

日本人F1カメラマンが見た超一流ドライバーの素顔。レースで本当にすごいと思うのは誰か

  • 川原田 剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi

F1 2021フォトグラファー対談
後編「超一流ドライバーの素顔」

前編から読む>>

スポルティーバで恒例となったF1フォトグラファー対談。今回も、約30年間F1を撮影し続けている熱田護氏と桜井淳雄氏を招いて2021年のレースについて語り合ってもらった。F1後半戦の幕開けとなった第12戦のベルギーGPは、豪雨のためにセイフティーカー先導の2周のみで打ち切りとなったが、結果としてはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝。タイトル獲得に向けて、幸先のいいスタートを切った。対談後編では、サーキットで接する選手たちの素顔や、超一流ドライバーの条件などを熱弁した。

第10戦イギリスGPで勝利したルイス・ハミルトン(撮影・熱田護)第10戦イギリスGPで勝利したルイス・ハミルトン(撮影・熱田護) この記事に関連する写真を見る
ーー今シーズンは第4戦スペインGPから少しずつ観客が入るようになり、第10戦のイギリスGPは観客動員数の制限なく開催され、決勝日には14万人が動員されたと聞きます。お客さんが入って、サーキットの雰囲気は変わりましたか?

桜井 全然違いますね。お客さんはグランプリの一部。むしろ完売御礼の観客席があって初めてグランプリだと僕は思うんです。スタンドに誰もいない草原のなかのサーキットをクルマがただ走っているだけでは面白くありません。僕は人間の感情の起伏や、内面が染み出ているドラマチックなシーンを撮りたいんです。無観客の場合だと、ただドライバーがヘルメットをかぶってマシンに乗って、ピットに帰って来て終わりというケースが多い。観客がいると、ドライバーも普段見せないような表情をすることがありますから。

熱田 イギリスGPのシルバーストン・サーキットみたいにお客さんがパンパンに入れば、ドライバーはもちろん、僕たちの気分も自然と上がりますよ。無観客でしーんとしていたら、ルイス・ハミルトン(メルセデス)だってイギリスの国旗を持ってわざわざ出てきて、満面の笑みで手を振ることもないわけですから。

今季F1について語り合ったフォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(撮影・五十嵐和博)今季F1について語り合ったフォトグラファーの熱田護氏(左)と桜井淳雄氏(撮影・五十嵐和博) この記事に関連する写真を見る