2021.05.16

レッドブル・ホンダ、1ストップ作戦が実らず。代表がメルセデスAMGとの差、敗因を語る

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 様々な種類のコーナーが存在し、さらにはオーバーテイクが難しいレイアウト。バルセロナ・カタルーニャ・サーキットでは、マシンとドライバーとチームの総合力が問われる。「バルセロナの勝者がその年のチャンピオンになることが極めて多い」のは偶然でも迷信でもなく、総合力の優れた者がこのサーキットで勝ち、シーズン全体を制することが多いからだ。

フェルスタッペンはハミルトンに負けて2位フィニッシュフェルスタッペンはハミルトンに負けて2位フィニッシュ この記事に関連する写真を見る  だからこそ、今年チャンピオン獲得を目指すレッドブル・ホンダとしては、ここでメルセデスAMGに対してどんな走りができるのかが極めて重要だった。

 マシンパッケージの善し悪し、それも低速・中速・高速コーナー、ストレート、それぞれのブレーキング、ターンイン、立ち上がりなど、様々なシチュエーションでの比較ができる。そして勝つためには、レース戦略もドライバーの腕も重要になる。

 そんなバルセロナ(第4戦スペインGP)の予選で、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンはわずか0.036秒差で敗れた。いや、昨年は0.708秒もの差をつけられたバルセロナで、ここまで肉薄したと言うべきか。

 向かい風になるターン1やターン5では速く、追い風のターン4やターン7〜8では大きく負けた。セクター2までで0.1秒の後れを取り、セクター3の低速セクションで0.2秒を稼ぐ。しかしシケインからの立ち上がりで0.1秒を失い、1ラップを終えたところで0.036秒のプラスだった。

 メルセデスAMGとは明らかに違うマシン特性、自分たちの長所・短所がハッキリと見えた。

「このサーキットでメルセデスAMGを打ち負かすのは、かなり難しいということはわかっていた。これだけ僅差に迫って2位になれたのは、とてもいい結果だと思うよ。ラップ自体にはすごく満足しているし、予選全体の流れにも満足している」

 バルセロナの予選でメルセデスAMGとほぼ同等の速さを見せたことに、フェルスタッペンはまずまずの手応えを感じている様子だった。