2021.05.18

演歌のプリンスはレーサーとの二刀流。中澤卓也は常在戦場で夢を目指す

  • 川原田 剛●構成 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

次世代の演歌界を担う存在として注目を集める歌手・中澤卓也。甘い歌声とマスクで女性を中心に大人気の25歳は、歌手になる前にはプロのレーシングドライバーを目指して活動していた。しかし4輪レースへのデビューを目前にして、資金難でプロへの道を断念。その後、音楽の世界へ進んだ中澤だが、現在、その夢に再び本気で向き合っている。NHK紅白歌合戦の出場も期待されている演歌界のプリンスは、なぜまたステアリングを握る決意したのか?

歌手になる前、プロのレーサーを目指していた歌手の中澤卓也歌手になる前、プロのレーサーを目指していた歌手の中澤卓也  レースを再開することになったのは、約1年半前に開設した僕のYouTube公式チャンネルがきっかけです。もともとファンの方々に歌をお届けするためにスタートしたのですが、そのチャンネルの中にモータースポーツの楽しさと奥深さを紹介する特別編「爆走!卓也くん!!!」を作ったことが始まりでした。

 音楽の道へ進んだ後もレースが好きで気にはなっていましたが、全然見ていませんでした。やっぱり見たら、夢を諦めなくてはならなかった当時の悔しい気持ちを思い出しそうだったから。でも、歌でご飯を食べられるようになって、レースを見てももう乗りたいと思わないだろうと考えて、最近、また見るようになりました。

 そのタイミングで「爆走!卓也くん!!!」をスタート。はじめはレーシングシミュレーターを体験する程度で終わるのかと思っていたんです。でも、レース界との人脈ができ、スーパーGTでチームマネージャーをしていた方の勧めもあって、久しぶりに新東京サーキットでレーシングカートに乗ることになったんです。

 カートのステアリングを握るのは8年ぶりだったのですが、たとえ撮影でサーキットに行くとしても、周りになめられたくなかった。パッとマシンに乗って、「初めて見るヤツだけど、アイツ、速いな」って思われたいなって部分がどこかにあるんですよね(笑)。