2021.05.20

ジャン・アレジとのF1参戦計画が頓挫した舞台裏をスーパーGT女性監督が語る

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

スーパーGT・Yogibo Drago CORSE監督
芳賀美里インタビュー前編

2000年代半ば、F1にエントリー申請をした日本のレーシングチームがあった。そのチーム「ディレクシブ」の代表を務めていたのが当時20代だった芳賀美里。しかし、突然のチームの解散により、芳賀も08年シーズンを最後にサーキットから姿を消していた。
10年以上の月日が流れた21年、芳賀は国内最高峰レースのスーパーGTの舞台に帰ってきた。監督としてモータースポーツ界に復帰した彼女がインタビューに応じ、謎に包まれていた自身のキャリアやF1参戦計画について語った。

13年ぶりにモータースポーツ界に復帰した芳賀美里13年ぶりにモータースポーツ界に復帰した芳賀美里 この記事に関連する写真を見る
ーーもともとタレントとして芸能活動をしていたそうですが、どういう経緯でレースの世界に携わることになったのですか? 

芳賀美里(以下、芳賀)
 私は小さい頃からお人形で遊ぶより、車のおもちゃで遊んでいるような女の子だったんです。出身は岩手県で、高校時代に家族で初めて宮城県の「スポーツランドSUGO」に行き、生でレースを見たんです。そこでエンジン音の迫力に驚き、ピットウォークで鈴木亜久里さんや近藤真彦さんらの横で写真を撮ってもらったりして、すごく感動しました。それからエンターテイメントとしてのレースの魅力に取りつかれました。

 芸能の世界に入ってレースクイーンになったのは、憧れていたモータースポーツに関わることができると思ったからです。つまり、私にとってモータースポーツに触れ合える最短の道がレースクイーンだったんです。

ーーレースクイーン時代から将来的にはチームを運営するマネジメントをしてみたいと考えていたのですか?

芳賀
 最初、雇われでスーパーGTのレースクイーンをしたのですが、すぐに「モータースポーツを動かしているのはスポンサーなんだ」という現実に気がつきました。その後、自分で会社を起こし、まずはレースクイーンを派遣する芸能事務所を作りました。23歳の時です。小さい会社ではありましたが、自分でスポンサーを集めるようになったんです。