2021.05.20

元レースクイーンのスーパーGT女性監督が13年ぶりに復帰した理由を激白

  • 川原田 剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

スーパーGT・Yogibo Drago CORSE監督
芳賀美里インタビュー後編

インタビュー前編はこちら>>

今季からスーパーGTの監督として13年ぶりにモータースポーツ界に復帰した芳賀美里。レースクイーンを経て、かつて代表を務めたレーシングチームは2000年代半ばに世界最高峰のF1にもエントリーしたが、参戦はかなわなかった。それでも彼女は、当時果たせなかった夢を諦めているわけではない。40歳になり、今年レース界に復帰した理由や今後の目標について語った。

2021年からスーパーGTのチーム監督を務める芳賀 @Sho Tamura2021年からスーパーGTのチーム監督を務める芳賀 @Sho Tamura この記事に関連する写真を見る
ーー代表を務めたチーム「ディレクシブ」が2006年にモータースポーツ活動から撤退した翌年、すぐに「楽天BOMEX」監督としてスーパーGTに復帰しました。

芳賀美里(以下、芳賀) 悔しい気持ちがあったのでレースをしたかったものの、自分が監督になることで、シーズン途中で撤退したチームのネガティブなイメージを引きずってチームに迷惑をかけるとも思って、なかなか踏ん切りがつきませんでした。それでも、「気にしないでチャレンジしたほうがいいよ」と言ってくれる方がいて、07年にひとりでレースの世界に戻りました。

ーーそして、08年にはGT300クラスの「MOLA」のチーム監督を務め、見事チャンピオンに輝いています。

芳賀
 自分の中でもやり残したことがあると思ってレースに復帰しましたが、ここでタイトルを獲得して一区切りをつけることを決めました。

ーーその後、08年シーズンを最後にモータースポーツから離れ、美容の世界へ転身。本も出版されています。美容業界へ進んだきっかけは?

芳賀
 08年に監督を務めたチームでタイトル獲得後、美容の世界へ行くまでは少し空白期間がありました。当時20代の私にはモータースポーツしかなかったので、何をしようかなとずっと考えていました。

 頭に浮かんだのが、美容でした。もともと美容が好きで興味はあったので、突き詰めようと思って。韓国に3年くらい住んで、現地で美容関係の会社をつくって仕事をしていました。