2022.03.03

西村優菜の「庶民的な部分が抜けない」素顔。最大目標は「海外メジャーで優勝したい」

  • 柳川悠二●取材・構成 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

西村優菜インタビュー(後編)

この記事に関連する写真を見る 前編はこちら>>

――昨年末に戦いを終えた段階で、体重が開幕前に比べてかなり減ってしまったとうかがいました。

「夏場に軽い夏バテみたいな感じで食べられなくなった時期があって、そこから食べても(体重が)増えない時期が続いて、終わってみたら5kgぐらい減っちゃっていました。

 一年中ゴルフをやっていて、丸一日屋外にいると、昼ご飯がなかなか摂れないんですよね。ラウンド中に補食を摂ったりして対応できたらよかったんでしょうけど、スルーでプレーしているとなかなか食べられないことのほうが多く、ゼリーを口にすることぐらいしかできないこともありました。そのあたりは今後の課題だと思います」

――まもなく2022年シーズンが始まりますが、ベスト体重に戻せましたか。

「2月に入って沖縄で合宿を行なっていたんですけど、食事量を増やして、ベストまであと1kgぐらいのところまで戻ってきました。開幕戦にはベストの体重で臨めると思います」

――このオフのトレーニングで意識したこと、課題にしていたことを教えていただけますか。

「1月いっぱいは一年間戦える体作りをメインにしていて、主に有酸素系の運動を多めにしていました。専属のトレーナーさんがいるわけではないので、練習メニューはすべて自分で考えて、これまでに経験したことのあるトレーニングを組み合わせてやっていましたね。外を走って、動的ストレッチをしてみたり、ジャンプしたり......動きながら身体の状態を確認していました。

 あと、飛距離アップを目標に、MAXに振った時の値を高める練習にとり組んでいました。素振り棒をバンバン振って、曲がってもいいからとにかくドライバーを振りきる練習もとり入れて。昨年より5ヤード、できれば10ヤードはドライバーの飛距離を伸ばしたいです。