2022.03.07

昨年のミスが「フラッシュバックした」。西郷真央が自らに打ち勝ってツアー初優勝を飾る

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 1年半に及んだデビューシーズン(2020-2021)では50試合に出場し、トップ10入りは21回、さらに2位になったのは実に7回もある。そして、賞金ランキングは4位――。2001年生まれで2019年の高校3年生の時にプロテストに合格し、順調に輝かしいキャリアを積んできた20歳の西郷真央にとって、ただひとつ足りないものがあるとすれば、"優勝"だった。

 その待望のツアー初優勝がデビュー2年目の2022シーズン開幕戦、ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)でいきなり実現する。優勝を争うたびに悔し涙を飲んできた西郷は、優勝が決まっても涙腺が崩壊することなく、グッと喜びを噛みしめていた。「喜びの涙を流すのはちょっと早い」という言葉が、これまでの苦心を物語っていた。

「いろいろな人から『あともう少しだね』と言われて、先輩方もたくさん励ましの声をかけてくださった。特に藤田さいきプロからは(再び2位に終わった)日本女子プロ選手権の時とか、何回も2位に終わっている私に対して、クラブハウスで『もう少しだから。絶対大丈夫!』と言っていただいた。

 大先輩からそう言ってもらえるのなら、本当に大丈夫だろうと思えた。その言葉を信じて、自分の練習を信じて、それをやり続けて優勝をつむことができました」

悲願のツアー初優勝を遂げた西郷真央悲願のツアー初優勝を遂げた西郷真央 この記事に関連する写真を見る  最終日はトップの渡邉彩香と黄アルムを5打差で追う8位タイからのスタートだった。

「優勝を意識していたわけじゃなかった。前半に3つ伸ばすことができて、(一方で)トップがあまり伸びていない状態だったので、後半とりこぼしがないように(スコアを)伸ばしていければいいな、と」