2022.03.03

西村優菜はルーキーシーズンにすべての目標を達成。ツアー2位のある数字に「自分でも驚いた」

  • 柳川悠二●取材・構成 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

西村優菜インタビュー(前編)

プロデビューした2020年は樋口久子 三菱電機レディスで初優勝を遂げ、2021年には国内メジャーのワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップを含め3大会で優勝を飾った。コロナ禍によって1年半に及ぶ長いシーズンで計4勝を挙げた西村優菜は、賞金ランキングでも5位と、シーズン前に掲げていた目標を達成。古江彩佳や吉田優利らとともに2000年に生まれた「ミレニアム世代」の牽引者は、2022年シーズンでは「複数回優勝」「海外メジャーへの積極参戦」を見据え、さらなる飛躍を誓った――。

この記事に関連する写真を見る ――ちょうど1年前にも取材させていただきましたが、その時に公言していた「複数回優勝」「賞金ランキング5以内」という目標を昨年、見事に達成しました。

「まずは目標をクリアできて本当によかった。14試合が行なわれた2020年、初めてシーズンをフルで戦った2021年を通じて、すごく勉強になりました。

 2020年は1勝することができたんですけど、リカバリー率(パーオンしないホールでパーかそれより良いスコアを獲得する率)が悪くて。その数値を上げようとオフに取り組んだ結果、最終的には4位(67.9%)のスタッツで、それが(2021年の)好成績につながったと思います。

 この1年半にいろんな選手とラウンドすることができましたし、他の選手から学ぶこともたくさんありました。とにかく、充実したシーズンを過ごせました」

――2020年は樋口久子 三菱電機レディスで、最終日に6打差を逆転して初優勝を遂げました。デビューイヤーに1勝を挙げられたことは、"2年目(2021年)"を迎えるうえで気持ち的にラクだったのではないですか。

「1勝目は自分でも驚くほどすべてがうまくいった結果。ですから、プロの戦い方がわかったというような感覚はまったくなかったです。1勝はしていても、2021年の開幕戦からはまた、気持ちをリセットして臨むようなイメージでした。

 ただ、初戦は自分の調子が上がらず、2戦目の明治安田生命レディス ヨコハマタイヤでは予選落ちしてしまいました。スコアメイクに苦しんだ序盤でした」