2022.03.01

三ヶ島かなが「勝てる条件」を宮里藍に質問。さまざま経験談から話をしてくれた答え

  • 古屋雅章●取材・文 text by Furuya Masaaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

三ヶ島かなインタビュー(後編)

前編はこちら>>

2020-2021シーズン最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでツアー初優勝を飾った三ヶ島かな。悲願達成までの道のりを振り返ってもらいつつ、まもなく始まる2022シーズンへの意気込みも語ってもらった――。

この記事に関連する写真を見る ――ツアー初優勝までの道のりは長かったと思うのですが、これまでのツアー生活を少し遡(さかのぼ)って話を聞かせてください。まずは、2019年の富士通レディース。後続に1打差をつけて単独首位で迎えた最終日、最終的には当時アマチュアだった古江彩佳選手に逆転負けを喫しました。あの敗戦のショックは大きかったのではないでしょうか。

「キツかったです。あの試合はアマチュアの古江さんに対して、プロとして唯一の壁になっていたのが私だったわけじゃないですか。

 でも、結果的に自分がその壁になれなかったことがすごく悔しくて、試合後もいろんなことを無茶苦茶考えてしまいました。アマチュア選手に負けて調子を崩した選手とかも見てきましたし、(多くのゴルフファンが)試合を見て三ヶ島かなという存在を覚えてもらうのはうれしいんですけど、"アマチュアに負けたプロ"という形で覚えてもらうのはどうなんだろう、とか......」

――18歳のアマチュア選手が最終日に5つスコアを伸ばして優勝。間近でそのプレー見ていて、どんな思いだったのでしょうか。

「シンプルに『上手だな』って思いました。強いというより上手。ゴルフを知っているな、と思いましたね。

 私もベストを尽くしているんですけど、気持ちのほうが空回りして手がうまく動いてくれなかった。それでも、手が動かないなかで、攻めるところは攻めきれたし、ノーボギーで上がれたことは、自分のなかでは『すごい収穫だったな』と思いました。だから、悪くはないんだけど、"何か"が足りないと思って、結構悩みましたね」