2022.03.01

三ヶ島かな、ツアー初優勝の舞台裏「神様はまた勝たせてくれないのか……心底思った」

  • 古屋雅章●取材・文 text by Furuya Masaaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

三ヶ島かなインタビュー(前編)

2016年にツアー参戦を果たして以降、安定したプレーを披露してシード選手として活躍してきた三ヶ島かな。これまで、なかなか勝利には恵まれなかったが、2020-2021シーズンの最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでついにツアー初優勝を飾った。今回、その奮闘の舞台裏について話を聞いた――。

photo by Getty Imagesphoto by Getty Images この記事に関連する写真を見る ――2020-2021シーズンはコロナ禍にあって、ほとんどトーナメントが無観客、あるいは入場制限をしての開催でしたが、いかがでしたか。

「やっぱり、やりづらさはありました。ギャラリーの方々がいないので、練習ラウンドの真剣バージョンといった感じで。私たちプロゴルファーにとって、(ギャラリーの)声援は力になるので、それがいきなりパタッとなくなってしまったのは寂しかったですし、モチベーションが上がりませんでした」

――ご自身のゴルフの調子自体はいかがでしたか。

「(シーズン当初は)『やっていることは間違っていないのに、なんで結果に出てくれないんだろう』という気持ちが強かったです」

――「やっていること」というのは、青木翔コーチと取り組んできたことですか。

「それもそうですし、日々の練習だったり、日常の細々としたことなども気をつけたりしていたんですけど......。ただ"何か"が決定的に足りないというのはわかっていて。じゃあ"何"が足りないのか? それを、ずっと探している毎日でしたね」

――そういった状況にありながら、シーズンの締めくくりとなるJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(2021年11月25日~28日/宮崎県)で念願のツアー初優勝を飾りました。大会に入る前の状態はどんな感じでしたか。

「(2021年9月の)日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯あたりから、ずっと成績がよくなくて......。リコーカップの3週間前のTOTO ジャパンクラシックくらいからは、ゴルフが楽しくない時間が長くなって、練習しようにも身が入らない状態にありました。