2022.02.25

【木村和久連載】ビギナーが急増する一方で、ベテランゴルファーに見られる意外なラウンドスタイル

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第11回

 最近、スマホのニュースサイトを見ていて目につくのが、ゴルフの初心者向けの記事です。

 こんな常識的なことがニュースになるの? みたいな記事が多いのですが、これが案外読まれているそうです。

 それだけ、新規参入者が多いってことですね。もちろん、ベテランゴルファーからすれば知っていることばかりで、サイトのコメント欄には憤慨しているコメントが多数見受けられます。

 ゴルフは巨大なメジャースポーツで、しかも生涯できます。ビギナー向けの記事がたくさん出ているということは、"世代交代"の表れなのかもしれません。ベテランも、ビギナーも、お互い認めて、仲よくやってほしいです。

 今回は、そんな増え続けるビギナーの生態を覗きつつ、ベテランゴルファーに見られる新たなラウンドスタイルについて考察してみたいと思います。

 まず、どんなビギナーも例外なく、最初の頃のゴルフは誰かに連れていってもらって、ラウンドするしかありません。

 今から20~30年前は、ほとんどの倶楽部でメンバーの同伴や紹介がないとラウンドできないシステムでした。

 つまり、メンバーに呼ばれてラウンドする機会が多かったのです。メンバー同伴プレーは、マナーやルールに対して厳しく指導されます。ビギナーもそこで鍛えられ、マナーに沿ったまとまりのあるゴルフをしていたものです。

 ところが、ネット予約全盛の今、誰かに呼ばれてラウンドするのは一緒でも、呼ぶほうもビジターですから、さほどうまくありません。そもそもみんなビギナーばかりで、パーティーの中にゴルフに精通している人が誰もいない状況が往々にしてあります。

 周囲からすると、これは結構厄介です。マナーやルールも適当だったりしますからね。

 昨年のことですが、南国リゾートに行ってゴルフをしてきました。その時、前の2組は知り合いが予約をしてとってあげた組でした。個人的には面識はないのですが、うちらのパーティーに予約をしてくれた人がいるのは確かです。