2018.04.26

【木村和久連載】リゾートコースでは、
どうして叩いてしまうのか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第152回

 この記事が出る頃は、ゴールデンウィーク直前で、個人的には北海道ゴルフツアーの準備で忙しくしていると思います。

 新緑の北海道ゴルフは楽しいですよ。何しろ、全面洋芝の高級リゾートプレーですから。じゃあ、スコアも期待しちゃう? と思うでしょ。ところが、これが全然ダメなのです。

 最近、私が考えたのは「リゾートゴルフ叩く説」というやつです。

 ちなみに、3月には沖縄のカヌチャリゾートなどに行って3ラウンドしましたが、これが3つとも90台のスコア。100叩きはなかったけど、ハーフ50超えが3回……って、毎回じゃん。前半叩いて、後半焦って、超真剣にプレーをして帳尻を合わせた次第です。

 それにしても、なんでリゾートゴルフでは叩いてしまうのか?

 今回は、その謎に迫ってみたいと思います。

 まず、リゾートコースは風光明媚ですよね。景色が驚くほど素晴らしい。

 沖縄方面なら、南国の植物が生い茂り、その先にはエメラルド色の海が望めたりします。さらに頭上には、白い雲が浮かぶ青い空が広がっていて、そんな状況下にいるだけでうっとり。ゴルフどころじゃなくなるのです。

 すでに、頭の中では「スコアは二の次」になっています。南の島の高級リゾートでゴルフができる幸せ理論も頭の中を支配し、プレー前から満足度120%に達していますしね。

 満足度という観点からすれば、マスターズの会場となるオーガスタ・ナショナルGCが究極じゃないですか。

 小鳥がさえずり、きれいな花が咲き乱れる天国みたいなゴルフ場――”遥かなるオーガスタ”にようやく来ることできました! となったら、誰でも気分が高揚するんじゃないですか。ただのギャラリーであっても、気分はパトロンですかね。