2018.04.23

米メディアも絶賛の嵐、小平智
「奇跡のツアー初優勝」がもたらすもの

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「サプライズ!」
「6打差からの大逆転は、本人も驚く劇的な勝利」

 日本の小平智が、RBCヘリテージ(4月12日~15日/サウスカロライナ州)でPGAツアー初勝利を挙げると、アメリカの各メディアではそんなヘッドライン(見出し)が一斉に並んだ。

PGAツアーで初勝利を飾った小平智 アメリカではほぼ無名に近い小平ゆえ、その大逆転劇はことさらビッグニュースになったのかもしれない。多くのメディアで小平の経歴や人となりが大きく報じられ、そのプレーぶりも細かく紹介された。そして、その評価はおおむね好意的なものだった。

 最も評価されていたのは、ショットの精度だ。4日間のフェアウェーキープ率が75%で4位。パーオン率は68.1%で7位。しかも、そのグリーンを捉えたショットのピンまでの距離が平均約9mで、これが全体の第1位だった。

 そうした数字を踏まえて、「最終日は悪天候が近づく強風の中で、『66』の好スコアをマーク。それは、小平のショット力の象徴」であると、各メディアで高く評価された。

 加えて、「アメリカでは知られていないが、日本ツアーでは国内メジャーを含めて通算6勝。その実力からして、この優勝もフロックではない。どんな悪天候でもボギーを多く打たない力は勝利に必要な条件。初日を除く3日間でボギーが少ないのは、勝ち方を知っている選手」と称えられ、さらに「前週のマスターズ28位を含めて、出場した過去3つのメジャー大会でもすべて予選を通過。今大会は、勝つべくして勝ったものだ」と絶賛する記事が多く見られた。