2018.04.05

【木村和久連載】夢よ、覚めないで…。
若い美人キャディーさんと妄想

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第149回

 先週好評だったので、今週も引き続き、”若いキャディーさんシリーズ”のパート2をお送りしたいと思います。

 若い女性キャディーさんとのプレーは、まさに永遠の青春歌謡曲『若いってすばらしい』(作詞:安井かずみ 作曲:宮川泰)の世界で、日本の高度経済成長期を思い出しますなぁ。

 ラウンド前の挨拶を終えたら、まずはキャディーさんの”源氏名”を決めます……って、それじゃあ、まんまキャバクラじゃん。

 さすがにそれはマズいのですが、ファーストネームを聞くのは差し支えないと思います。鈴木さんとか、井上さんと呼ぶよりは、「かほりちゃん」や「めぐみちゃん」と言うほうが、より親近感が増し、心拍数が上がります。

 ちなみに、夜の街のエキサイティングな高級店では、逆に苗字がついていたりします。「高橋」とか「山田」とか名乗る女性がたまにいます。それは、どうしてでしょう?

 店の名刺を奥さんに見つかったとき、「ハニートラップのエンジェル」みたいな名刺より、「○×興業の高橋」と書いてあるほうが、バレても被害が最小限に済むという判断から、そうなったとか。なんだんねん。

 さあ、いよいよラウンド。今回は”源氏名”かほりちゃんと、半日キャディープレーで遊ばせてもらいます。となれば、手始めにチップでしょうか。

 売店に行ったら、キャディーさん用のおみやげがあるじゃないですか。通常は洗剤やビールなどをあげるのですが、そのコースには売店で使える金券があったのです。

 金に糸目をつけない我々は、「可愛いから、金券10枚くらい買うか?」とマジで相談しました。そうしたら、場を仕切っていた友人が「すでに朝、(キャディーさんに)チップは渡してあるから」というのです。

 ガ~ン!? してやられたり……。どうりでそのキャディーさん、チップを渡したヤツにばっかり、なびいてさ。こちとら”スネオ”になっちまったす。